医学讲座

千叶で46万戸の停电続く

 今日は2019年9月11日(水)です。
 今日の无押金的微信红包群は昙り→雨の予报です。
 台风15号による停电が続いています。
 2019年9月11日、Yahoo!ニュースです。
 千叶で46万戸の停电続く。东电「11日中の复旧见通し立たず」木更津エリアの修理は3割にとどまる
 东京电力パワーグリットは9月11日午前8时から记者会见し、台风15号の影响で続く停电状况について説明した。千叶県内では现在も46戸万以上で停电が続いているが、「今日(11日)中の复旧の见通しは立っていない」と発表した。【吉川慧 / BuzzFeed Japan】
 会见では金子祯则社长が冒头「広域かつ长时间の停电で大変ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません」と谢罪。その上で静冈、神奈川、茨城では神奈川県内の一部を除き、夜半にほぼ停电が复旧したことを発表した。
 一方、千叶県内では雷雨に伴う作业の一时中断、作业が进む中で判明した作业量増加、夜间作业による効率低下もあり、现在もおよそ46万戸以上の停电が続いていると説明。
 今後、作业量を精査した上で工事力を千叶に最大限集中させるとしたが、「现时点では本日中、全数の解消に至るかの见通しはたっていない」とした。作业状况はTwitterなどで随时报告するという。
 木更津エリアの修理は3割にとどまる
 紧急対応として医疗机関や避难所には电源车を配备し、スポット的な停电解消を计画し、配备个所についてTwitterなどで知らせるとしている。
 东电パワーグリットによると千叶エリアで约8割、成田エリアで约9割の修理が完了しているが、木更津エリアでは山间部もあることから3割程度に留まっているという。
 东电は、早急に给电できるよう木更津エリアへの作业力をさらに投入するとしている。
 停电の影响は
 国土交通省の発表によると、台风15号が通过した千叶市では最大风速35.9メートル、最大瞬间风速57.5メートルを観测。市原市では9日午前10时までに约300ミリの降雨を记録。记録的な暴风雨となった。
 千叶県危机管理课は10日、BuzzFeed Newsの取材に対し、停电の影响について以下のように话した。
 「停电の被害とその影响が非常に大きい。水道のポンプ机能が止まっているところもあり、断水も生じている。病院など、医疗机関にも影响が出ている。早急に复旧してもらいたい」
 「台风一过の猛暑の中、エアコンが使えない状况が続いている地域もある。二次被害として热中症の危険性も高まっているので、警戒を呼びかけている。具体的な数は把握できていないが、一部のコンビニやスーパーでは冷蔵库?冷冻库が机能していない店舗があり、食粮事情が悪化している地域もあるようだ」

台风15号の影响で倒れた鉄塔=9日、千叶県君津市
(以上、Yahoo!ニュースより引用)

      ■         ■
 大変なことだと思います。
 猛暑でエアコンが使えない上に、
 水道のポンプ机能が止まって断水は、
 医疗机関もお手上げです。
 自家発电装置がある病院でも、
 そもそも病院に水が来ないと、
 いくら自家発电があっても水が出ません。
      ■         ■
 ブラックアウトを経験した身から、
 电気がついてあたり前の生活を、
 一度见直してみるべきだと思います。
 电気も水もなくても、
 何日か生活できるように、
 ふだんから备えるべきです。
 停电で冷蔵库が使えないと、
 2018年9月の北海道地震では、
 食べられそうな食品も廃弃されていました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相谈ご予约このページのトップへ